にしてつホーム|公式

愛が育つ家

あんしん環境



住宅は良い環境の中にあることで、よりその性能を発揮することができます。にしてつホームでは、防犯(Security)、安全(Safety)、居住者相互の交流(Community)の「2S+C」を基本にまちづくりを行うことで、住むほどに豊かさを実感でき、次世代に住み継がれていくような環境づくりに取り組んでいます。


地形条件を生かし、土地のメリットを引き出す造成を実施
まちづくりの計画にあたっては、土地の状態をよく確認し、必要に応じた補強や再整備を行っています。災害リスクを低減することはもちろん、眺望や開放感に優れたまちなど、土地の地形条件を生かす造成に努めています。

通風やプライバシー、駐車場の使い勝手にも配慮した街区計画
街区計画では風の通り道を確保したり、停めやすく見通しのいい駐車場の確保、通りの景観を高める門柱やシンボルツリーのあるアプローチなど、住み心地を高める数々の工夫を行っています。また、お隣との窓の向き合いを減らすなど、プライバシーにも配慮しています。

あんしん環境
毎日をあんしんして過ごせる住宅性能は、
それを活かせる環境の中にあることで、さらにその性能を発揮します。
私たち にしてつホームでは、
見通しのいい道路、美しい街並み、風通しや防犯、プライバシーに配慮するなど、くらしの質を高めるまちづくりにも力を注いでいます。
「にしてつホーム総合あんしん品質」は、
そんな環境の中で、あんしんな資産となり、次代へと連綿と住み継がれていく。
それが、私たちの願いなのです。

まちづくり

2S+Cを基本に、
安全・安心・快適なまちづくりを進めています。

住宅は良い環境の中にあることで、よりその性能を発揮することができます。にしてつホームでは、防犯(Security)、安全(Safety)、居住者相互の交流(Community)の「2S+C」を基本にまちづくりを行うことで、住むほどに豊かさを実感でき、次世代に住み継がれていくような環境づくりに取り組んでいます。




地形条件を生かし、土地のメリットを引き出す造成を実施
まちづくりの計画にあたっては、土地の状態をよく確認し、必要に応じた補強や再整備を行っています。災害リスクを低減することはもちろん、眺望や開放感に優れたまちなど、土地の地形条件を生かす造成に努めています。

通風やプライバシー、駐車場の使い勝手にも配慮した街区計画
街区計画では風の通り道を確保したり、停めやすく見通しのいい駐車場の確保、通りの景観を高める門柱やシンボルツリーのあるアプローチなど、住み心地を高める数々の工夫を行っています。また、お隣との窓の向き合いを減らすなど、プライバシーにも配慮しています。

風の通り道を考慮した住宅配置を心がけています。

シンボルツリーを設けたり、門柱・門塀のデザイン性を高めることで、通りの景観にも配慮しています。

お隣との窓の向き合いに配慮し、目線が合わないように工夫しています。

駐車場は停めやすく、出庫後は通りの見通しが良くなるように配慮しています。