にしてつホームの注文住宅

西鉄の注文住宅

atelier










都市をリゾートする家 「アテリア」


家は家族を乗せて、時間を旅する乗り物にも例えることができます。
時には美しい季節の中で、時には冬の厳しい風の中で、成長する家族を見守りながら、安全で快適な時間の旅を守り続けます。
西鉄ホーム「アテリア」がめざしたのは、窮屈になりがちな都市生活の日常をリゾートしていただける生活空間。
長い時間を旅する中で、出会う四季の風情、居心地のいい素材感の中で、家族の絆を深める空間構成など、過ぎ行く日々を存分に楽しんでいただく新しい住宅が誕生しました。






1階は陽光溢れるナチュラルな明るいフロア。2階はゆったりとくつろげるシックなイメージ。2つのテイストを実感いただけるコンセプトハウスです。





温もりが、くらしを包む。


やわらかなエッジの空間がいい。
アテリアブライトフロアのテーマです。
職人の手で丁寧に塗られた鏝(こて)のタッチ。
優しい光が描く壁際のエッジ。
乱反射した光はさらに優しくくらしを包む。
無機質ではない、どこかしらいつも温もりを
感じさせてくれる壁と照明の演出を
ゆっくりとご覧ください。





窓越しにさらさらと、陽光があふれている。風が葉を揺らして、ここちいい風が肌を撫でて行く。
都心に住んでいることを忘れてしまうようないごこちの良さ。今日はどこにも出かけない。
ここが私の一番の場所なのだから。








オトナリビングのある家


静かな落ち着けるリビング。そして、ダイニング。
屋外とをつなぐインナーテラス。
忙しい日々から解き放たれ、ゆっくりとくつろぐために、シックトーンでまとめた静の空間。
静謐の中で磨かれる ゆたかな時を楽しんでいただきたい。
そんなテーマで仕上げたアテリアのシックフロアです。





アテリアの下階と上階は何もかもが対照的だ。
解放的な下階に対して閉鎖的な上階。活動的な下階に対して静謐を愉しむ意思を持たせている。
精神的な充足をめざす時、空間は多弁ではない方がむしろ心地よいと思うのだ。







 Movie Collection




 Photo Collection







information