西鉄の新築戸建|西鉄ホーム<公式>

logo_2

Interview_01

kw-cv01_title
kw-cv01_photo01
kw-cv01_text01

小・中学校が同級生の夫婦でお互いの実家もすぐ近くの4人家族です。賃貸アパートでは手狭で、子供もまだ幼いので周囲を気にして生活していました。そこで戸建に住みたいという思いから物件を探しました。両親共々いろいろ見て回った中で、目に付いたのがこの西鉄のあすみでした。ここは付近の人なら誰でも知っているのですが「小郡簡保レクセンター」跡地で、西鉄さんが住宅地として開発された場所です。地元住人としては、街が劇的に変化したので“衝撃的”でした。

kw-cv01_text02

あすみの住まいを気に入った点は、何といっても街並です。建売だけど、1棟ずつ個性が異なり美しく調和が取れていたことです。また、10棟の中では一番わが家が可愛いとも感じていました。まだ子供が小さいので、ほとんど1階で過ごすことが多いんですね。主婦としては、キッチンから子供に目が届くことが重要です。だから対面キッチンで、LDK隣りに和室がある間取りは、わが家にぴったりの条件でした。母も背中を押してくれました。一歩外に出ると適度な芝生のお庭があり、この街並の奥に位置することで、共有のロータリーで遊ぶこともできます。駐車場も車2台分のスペースがあり満足しています。

kw-cv01_photo02
kw-cv01_text03

主人にとって西鉄「三国が丘」駅まで徒歩約5分の距離は、通勤にも便利です。主人のお休みの日は、基本的にサッカーに出かけるのですが、空いた日は近くの広々とした公園で虫取りなどをして子供と遊んでくれます。平日はご近所さんが同世代なので、ママ友を招いて子育て談議に花を咲かせています。西鉄さんの住まいは、オール電化で太陽光発電。おかげで電気代が大幅に節約できます。食洗機や洗濯機のスイッチは子供が寝静まってからONになるような配慮もしています。このまま、ご近所さんと仲良く、子供が一緒に小学校に行く日を心待ちにしています。

kw-cv01_photo03