西鉄の新築戸建|西鉄ホーム<公式>

logo_2

Story02 コットンヒルズ桧原公園通り

kw-project_story02_title

森の風を未来に継承するパッシブタウンプロジェクト

kw-ps02_text01

kw-ps02_photo01

サラサラと森を抜けて吹く風が、肌を優しくなでていく。
梢越しに差し込む光が、地面に斑 点模様を描いている。
ここは、福岡市南区桧原の森。
中心部から車で約30分ほど走ると、市民には最も親しまれる「油山」が迫り、その基部の街として古くから栄えた街が桧原です。開発の手が入り、急速に市街地化が進んだのは、平成時代に入ってからのこと。広大な桧原運動公園や桧原園芸公園など、森と地形を生かした環境保全がなされ、その周りに生活タウンが形成されて今に至っています。
桧原の森は、住宅街の中にぽつんと残された森。広大な自然公園を縫うように整備された公園通りに面した一角。約1.7ヘクタールもの「取り残された森」として、時には地元の方にも疎まれる存在でもありました。

kw-ps02_text02

下の航空写真をご覧ください。下図の赤く着色した部分が開発地です。周辺の緑地割合の高さがお分かりになると思います。また、油山基部の丘陵地として、海浜部のヤフオクドームや福岡タワーを遠くに見晴らし、夏の風物詩大濠花火大会を望めるテラス地形を成しています。こうした恵まれた条件を前にして、私たちが構想したのは、「今、私たちがこの地で感じている風のささやきや緑の眩しさを、次世代へと伝えたい」ということでした。

私たちが構築したコンセプトは「やさしさを、未来へ」です。

kw-ps02_photo02
kw-ps02_text03

kw-ps02_photo03

コットンヒルズ桧原公園通りでは、なだらかな北斜面にランドスケープを描いています。北斜面と聞くと住宅には思われるかも知れませんが決してそんなことはありません。少しだけそのメリットについて触れてみましょう。まず、福岡市で眺望のいい街は北斜面の場合が多いということが上げられます。福岡市には、平安の時代から大陸に開けた都市として海浜部を中心に発展してきた歴史があります。
潮風を嫌って海に背を向けることと、日当たりの良さから多くの建物は南向きに建てられています。油山から見晴らす夜景を美しく感じるのは、光が多い南向きの街を正面から見ているからです。次に、日光や風といった自然の恵みを活かしたパッシブデザイン(自然の風や日当たりを工夫して機械空調にできるだけ頼らないための工夫)によるまちづくりの場合は、夏の強烈な日ざしや熱射を避けるという点では適しているともいえます。

1 パッシブタウン

パッシブとは消極的という意味の言葉です。自然の風や日差し調整を行うことで、エアコンなどの機械空調に極力頼らない暮らしができるように工夫された街をパッシブタウンと呼んでいます。コットンヒルズ桧原公園通りでは、日照状況や風量・風向などを計測した上で理想的なランドスケープデザインを行いました。言い換えれば、彫像を掘るように、風と光がこの街の造形を作り上げたともいえるのです。住宅のプランも同様に、光と風を呼吸するように、窓位置や開口を工夫しています。油山の森を抜けた風が、私たちが森の中で感じるここちよさを、普段の暮らしの中で感じていただきたいと考えました。

2 スマートタウン

やさしさを未来に継承することを考えると、環境への配慮は必須項目です。その基本となる技術の集大成が長期優良住宅であると考えています。長期優良住宅とは、簡単に言うと省エネ性能に優れ、100年居住できる耐久性と強い地震に持ちこたえる耐震性を備えた住宅を指しており、国の厳しい基準が設けられています。西鉄は省エネ性能を高めることでエネルギーの消費を抑制することと、住宅を長持ちさせることで廃棄物処置に伴うCO2の排出抑制に努めることで、環境にやさしい住宅と街を提供していきたいと考えます。その上で、太陽光発電を標準搭載し、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を導入することで、環境保全への取り組みを行っています。

3 タウンマネジメント

西鉄のまちづくりの基本は、安全と快適性の両立です。これまでも、街の造成に合わせて子供たちの通学路を拡幅したり、一般車両の通り抜け通行を減らす袋小路の街路計画、死角ができにくい見通しのいいまちづくりに取り組んできました。コットンヒルズ桧原公園通りでは、その基本に加えて警備保障会社と連携したセキュリティーを導入することで、安心感をさらに高めています。街路に沿って設けたポケットパークやクラブハウスといったコモン空間では、安心で満たされた居住者同士の楽しいコミュニケーションが育っていくことでしょう。

kw-ps02_photo04

敷地内に花と緑が豊かなポケットパークを設置し子育てや健康づくりに役立つ街を演出。
住居の周辺には公園スペースを確保しました。植木を植え、ベンチを置いて、気軽に休める憩いの場をご用意いたしました。

住まう方同士のつながりを生む空間、クラブハウス。
ご家族の暮らしや街のコミュニティをアクティブに彩るクラブハウス。習い事やサロンに最適な集会スペース、お子様の成長を育むキッズコーナーお料理が手軽に楽しめるキッチンなどをご用意しています。クラブハウス前には、語らいのひとときを演出するオープンスペースもあります。

※クラブハウス使用細則に基づきご利用いただけます。

kw-ps02_text05
kw-ps02_photo05

造成が完了し、すべての住宅の分譲が終了することが、このプロジェクトの終わりではありません。今のお父さん、お母さん世代が年老い、やがて子供の世代に引き継がれることになるでしょう。家々に植えた木々は、太く高く梢を伸ばし、その下では次の時代を担う子供たちの元気な声が響いているシーンを想像します。その時、森を抜けて訪れる風が、サラサラと新しい親子を包んでいて欲しいと願っています。それが現実になった時こそ、コットンヒルズ桧原公園通りは完成します。